masuoのブログ

最近はSikuliXの使い方を中心にメモしています。 SikuliXはバージョンアップによって使える機能が順次増えているので、古いバージョンには無い機能もあります。サンプルスクリプトはSikuliX-IDEのキャプチャ画像を貼り付けるようにしているので、どのバージョンで作成したサンプルかは、SikuliX-IDEのタイトル行(SikuliX1.1.0からは左下)のバージョン表示で確認できます。

Automation Anywhereのフリー版「Automation Anywhere Community Edition」が公開されています。(Community Editionが使えるユーザーには条件があります。詳しくは、ダウンロードページの説明を参照してください。)Sikuliは、画像認識を使って操作位置を特定しますが、Auto ...

SikuliX1.1.3までのSikuliで、URLを指定してブラウザを開くには、バッチファイルを作成しておいて、run()やApp.open()の引数にバッチファイルのパスを指定する方法が一般的でした。例1)バッチファイルをApp.open()で開く例SikuliXのドキュメントURLを指定したバッチファイ ...

1.カードを認識して移動するサンプルコード [1]はじめに [2]画像を準備する [3]カードを読み取る [4]移動可能なカードを探す [5]下段から上段への移動2.サンプルコード補足(1)Sikuliで検索を速くしたいときの対処方法効果が大きい順に示します。・検索領域をでき ...

「[4]移動可能なカードを探す」では、下段に並べたカードの中だけで移動できるカードを探してドラッグ&ドロップ操作を行いました。ここでは、下段に並べたカードの中だけで移動できるカードが無くなった場合の、次の処理として、下段から上段にカードを移動する処理を考えま ...

ソリティアの下段にカードを重ねるときは、マークの色が互い違いになるようにするので、「[3]カードを読み取る」で示した方法でカードを読み取った結果を使って、移動先となり得るカードと移動元となり得るカードの情報を新たに作成します。移動元となり得るカードは、表にな ...

※ここで紹介するのは、Sikuliでカードを特定する処理の一例です。カードを検索するときの画像としては、カード右下角の周辺の画像を使うことにします。検索の実行には、複数画像をリストにして引数で渡すと、最も類似度の高かった画像のマッチオブジェクト(見つけた画像の ...

「ITmedia」がSikuliX1.1.3を使った記事を公開しています。記事へのリンク:無料RPAで「ソリティア」に挑んでみた 業務自動化でゲームも自動化できるか「2日間で実装を試みた」ということで、記事を作成する過程で作成したスクリプトコードでは、ゲームをクリアすることは ...

※ここで紹介するのは、Sikuliでカードを特定する処理の一例です。表になっているカードが何(4種類のマークと13種類の数)であるか、Sikuliで調べる方法としては、以下のような方法が考えられます。(1)すべてのカード(4×13)の画像を準備しておいて、表になっている ...

※2019/3/15に追記しました。SikuliX1.1.4を使うようになってから、私は、JavaSEバージョン8の64ビット版JREを使っていましたが、バージョン8は2019年1月のリリースをもって無償アップデートが終了になっていることもあり、今後はOpenJDK11を使うことにしました。SikuliX1.1. ...

※2019/2/15に内容を更新しました。SikuliX公式サイトのドキュメントページで公開していない設定や機能を紹介するページです。(※カッコ内の日付は、ドキュメントページ公開状況を確認した日付です。いつの間にかドキュメントに追加になっているかもしれません。)■設定( ...

↑このページのトップヘ