カテゴリ[PowerShellでRPA]では、UI AutomationをPowerShellで使えるようにしたライブラリ「UI Automation PowerShell Extensions」を利用して、画面の操作を自動化する方法を紹介します。
PowerShellアイコン
1.UI Automation PowerShell Extensionsの入手方法
 入手方法はここを参照してください。

2.画面要素の操作方法
 [1]コンボボックス編
 [2]リストボックス編
 [3]チェックボックス編
 [4]ラジオボタン編
 [5]スピナー編
 [6]スライダー編
 [7]メニューアイテム編
 [8]データグリッド編
 [9]テキスト編
 [10]キー操作編
 [11]dateTimePicker編

3.関連操作
 [1]マウス座標設定
 [2]オブジェクトの存在チェック

4.資料
 OSSツールで始めるPersonal RPA(RPA勉強&LT会!RPALT 神戸 vol.01)

5.役に立つサイト
 PowerShellでExcelを操作する(入出力先をExcelにしたいときは必見です
 Excelの列挙体(VBAオブジェクトのメソッドを使うとき列挙体を調べるときはここ)
 Windows Formを作成してみよう(凝った画面を作りたいときは重宝します