カテゴリ[PowerShellでRPA]では、UI AutomationをPowerShellで使えるようにしたライブラリ「UI Automation PowerShell Extensions」を利用して、画面の操作を自動化する方法を紹介しています。
メモ帳アイコン
■処理フロー
 「メモ帳」ウィンドウを取得する。
 メッセージボックスを表示する。
 Altキー ⇒ fキー ⇒ xキーの順に入力する。

■スクリプト
Import-Module C:\UIAutomation\UIAutomation.0.8.7B3.NET35\UIAutomation.dll
[UIAutomation.Preferences]::Highlight=$false

#「メモ帳」を開く。
Start-Process C:\Windows\System32\notepad.exe

#「メモ帳」ウィンドウを取得する。
$notewndw = Get-UiaWindow -Name '*メモ帳'

#メッセージボックスを表示する。
Add-Type -Assembly System.Windows.Forms
[System.Windows.Forms.MessageBox]::Show("ウインドウを閉じますか?", "確認")

#Altキー ⇒ fキー ⇒ xキー
$notewndw.Keyboard.KeyPress([WindowsInput.Native.VirtualKeycode]::MENU) | Out-Null
#操作が分かりやすいようにするための待ち
Start-Sleep -s 1
$notewndw.Keyboard.KeyPress([WindowsInput.Native.VirtualKeycode]::VK_F) | Out-Null
#操作が分かりやすいようにするための待ち
Start-Sleep -s 1
$notewndw.Keyboard.KeyPress([WindowsInput.Native.VirtualKeycode]::VK_X) | Out-Null

■Keyコード
操作したいキー Keyコード 操作したいキー Keyコード
ecs
tab
shift
ctrl
alt
無変換
空白
変換
enter
print screen
delete
backspace
ESCAPE
TAB
SHIFT
CONTROL
MENU
NONCONVERT
SPACE
CONVERT
RETURN
PRINT
DELETE
BACK
home
end
numlock
+
-
*
/
HOME
END
NUMLOCK
ADD
SUBTRACT
MULTIPLY
DIVIDE
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
NUMPAD0
NUMPAD1
NUMPAD2
NUMPAD3
NUMPAD4
NUMPAD5
NUMPAD6
NUMPAD7
NUMPAD8
NUMPAD9
f1
f2
f3
f4
f5
f6
f7
f8
f9
f10
f11
f12
F1
F2
F3
F4
F5
F6
F7
F8
F9
F10
F11
F12
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
VK_A
VK_B
VK_C
VK_D
VK_E
VK_F
VK_G
VK_H
VK_I
VK_J
VK_K
VK_L
VK_M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
VK_N
VK_O
VK_P
VK_Q
VK_R
VK_S
VK_T
VK_U
VK_V
VK_W
VK_X
VK_Y
VK_Z
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
VK_0
VK_1
VK_2
VK_3
VK_4
VK_5
VK_6
VK_7
VK_8
VK_9
,
.
/
@
[
\
]
^




OEM_COMMA
OEM_PERIOD
OEM_2
OEM_3
OEM_4
OEM_5
OEM_6
OEM_7
LEFT
RIGHT
UP
DOWN