カテゴリ[PowerShellでRPA]では、UI AutomationをPowerShellで使えるようにしたライブラリ「UI Automation PowerShell Extensions」を利用して、画面の操作を自動化する方法を紹介しています。操作対象画面は、Windows10の「デバイスとプリンター」です。
マウス
■処理フロー
 「コントロールパネル」を開く。
 「デバイスとプリンター」を開く。
 デバイスを指定して存在チェックを行う。
Test-UIAControlState

■スクリプト
Import-Module C:\UIAutomation\UIAutomation.0.8.7B3.NET35\UIAutomation.dll
[UIAutomation.Preferences]::Highlight=$false

#「コントロールパネル」を開く。
Start-Process C:\Windows\System32\control.exe

#「コントロールパネル」ウィンドウを取得する。
$ctlwndw = Get-UiaWindow -Name 'すべてのコントロール パネル項目'
#「デバイスとプリンター」を開く。
$ctlwndw | Get-UiaHyperlink -AutomationId 'name' -Class 'ControlPanelLink' -Name 'デバイスとプリンター' | Invoke-UiaLinkLabelClick | Out-Null

#ウィンドウ表示を待つために待つ。
Start-Sleep -S 2

#「デバイスとプリンター」ウィンドウを取得する。
$wndw = Get-UiaWindow -Name 'デバイスとプリンター'

#デバイスを指定して存在チェックを行う。
for($i=0; $i -le 5; $i++){
    $chk = $wndw | Test-UIAControlState -SearchCriteria @{Name='LBT-AR120'}
    $chk
    if( $chk -eq $True ){
        break
    }
    Start-Sleep -S 1
}

■Test-UIAControlStateのハイライト(青色)
Test-UIAControlStateでオブジェクトが存在したときのハイライトを非表示にしたいときは、以下の設定をします。
[UIAutomation.Preferences]::HighlightCheckedControl=$false