カテゴリ[PowerShellでRPA]では、UI AutomationをPowerShellで使えるようにしたライブラリ「UI Automation PowerShell Extensions」を利用して、画面の操作を自動化する方法を紹介しています。操作対象画面は、Windows10の「マウスのプロパティ」です。
マウス
■処理フロー
 「コントロールパネル」を開く。
 「マウスのプロパティ」を開く。
 [ハードウェア]タブをクリックする。
 [デバイス(D):]データグリッドの内容を取得する。
データグリッド(ハードウェア)
■スクリプト
Import-Module C:\UIAutomation\UIAutomation.0.8.7B3.NET35\UIAutomation.dll
[UIAutomation.Preferences]::Highlight=$false

#「コントロールパネル」を開く。
Start-Process C:\Windows\System32\control.exe

#「コントロールパネル」ウィンドウを取得する。
$ctlwndw = Get-UiaWindow -Name 'すべてのコントロール パネル項目'
#「マウスのプロパティ」を開く。
$ctlwndw | Get-UiaHyperlink -AutomationId 'name' -Class 'ControlPanelLink' -Name 'マウス' | Invoke-UiaLinkLabelClick | Out-Null

#ウィンドウ表示を待つために待つ。
Start-Sleep -s 2

#「マウスのプロパティ」ウィンドウを取得する。
$wndw = Get-UiaWindow -Name 'マウスのプロパティ'

#[ハードウェア]タブをクリックする。
$wndw | Get-UiaTabItem -Name 'ハードウェア' | Invoke-UiaTabItemClick | Out-Null

#[デバイス(D):]データグリッドの内容を取得する。
$grid = $wndw | Get-UiaDataGrid -Name 'デバイス(D):' | ConvertFrom-UiaDataGrid

#取得内容を「,」で分割して配列に格納する。
$array = New-Object "object[,]" 10,2
for( $i=0; $i -lt $grid.Length; $i++ ){
    $wk = $grid[$i] -split ","
    #配列に格納する内容を表示する。
    $wk
    $array[$i,0] = $wk[0]
    $array[$i,1] = $wk[1]
}

'-----------------------------------'
#[名前]のみ表示する。
for( $i=1; $i -lt $array.Length; $i++ ){
    $array[$i,0]
}